複数のヤミ金でも早ければ当日、遅くても3日もあれば90%は一発解決!

 

つい、しかたなく、やむえず、などなどヤミ金融を利用した理由は人それぞれ。
しかし、ヤミ金の高金利では完済することはおろか、10日毎の返済もままならないはず。

 

返済が遅れれば、日夜関係なく自宅、職場、親族宅などお構いなしに取り立て、嫌がらせを受け精神的に追い込まれます。
これでは、一発解決を望むのは当然でしょう。

あなたの悩みが、次のようなら当サイトはお役に立てます
高金利で、もう返済ができない
ヤミ金からの借金なので、誰にも相談できない
悪質で過酷な取り立てで追い込まれている
催促の電話が勤務先へかかってくる
闇金業者が家族にまで嫌がらせをする
警察に相談しても解決されない
ヤミ金へ返済し続けても終わりそうにない
ヤミ金被害を誰にも打ち明けられず困っている
闇金から逃れる方法がないか悩んでいる

 

 

ヤミ金

闇金業者は犯罪者です!

犯罪者からの借金は一切返済する必要はありません・・・が、1人でヤミ金相手に対抗しようとしても我々一般人には難しいでしょう。

 

相手の弱点を躊躇なく突いてくる海千山千の違法業者に勝つには、強力な助っ人が必要になります。
それにはヤミ金問題のプロ(弁護士・司法書士)が一番適していますが、そのプロでも闇金に詳しくなければ手に負えません。

 

多くの弁護士・司法書士は、銀行系やサラ金系の債務整理は経験もあり問題ありませんが、こと闇金相手となると経験も実績も少なく、相談しても門前払いされることがあります。
根底にはヤミ金問題についての経験と実績が無いことがあげられますが、その他に仕事の割に儲からないことがヤミ金の専門家が少ない原因です。闇金には多くの種類があり、その知識がないと対応できないことも一因でしょう。

 

ヤミ金問題を急いで一発解決したい、相談したい闇金被害者の方に、まずは全国区でヤミ金解決の実績と経験がある事務所を次にご紹介しておきます。いずれも電話相談、メール相談は無料、電話もフリーダイヤルですから金銭的なリスクは一切ありませんし、相談時間や回数は無制限です。

 

たとえ、ヤミ金の一発解決を依頼するとしてもヤミ金1件当たり5万円ほどですし、後払いや、分割払いにも応じてくれる事務所もあります。
また、解決後でもヤミ金業者が関与する様なことを防いでくれますから安心です。

 

もちろん、無料の電話、メール相談だけでもOK! 依頼する義務はありませんから1つといわず2〜3事務所に相談し、自分との相性、条件などを比べるもの賢い方法です。

 

闇金を利用すれば違法な高金利と、過酷な取り立て、嫌がらせで利用者の生活基盤が根こそぎ破壊されます。
1日でも1時間でも早く、相談されることを強くおすすめします。

 

 

ランキング1 ランキング2

ウイズユー法務事務所

【ウイズユー司法書士事務所】
この法務事務所が多くのヤミ金被害者に支持されている理由は『スピード解決と丁寧な対応』にあります。
依頼を受ければ当日にも、遅くとも 90%以上は数日以内に解決してしまうほどです。
まずは、無料相談でお確かめください。


電話・メールとも365日、24時間受付中



Duel法律事務所

【Duelパートナー法律事務所】
ヤミ金業者に強い法律事務所として知られています。『スピーディな解決』をスローガンに最短1日、ほとんどは数日以内の解決が可能。15000件以上の相談実績がありますので安心してお任せできます。
第一歩は、無料の電話・メール相談がオススメ。


何回でも何十分でも無料です。
365日、24時間受付中

ランキング3 ランキング4

 

ジャパンネット法務事務所

【ジャパンネット法務事務所】
ヤミ金問題には早くから取り組んでいて、業界では老舗的な存在です。豊富な経験と2万件を超える実績はトップクラス。
『ヤミ金には一切返済はしない』を合言葉に違法なヤミ金と戦っています。
相談は無料!依頼するようになっても手持ちが厳しいなら費用の相談も可。


受付:平日9:00〜21:00  メールは24時間受付中
ジャパンネット法務事務所



ウォーリア法務事務所

【ウォーリア法務事務所】
ヤミ金業者に対しては熱血交渉で有名な法務事務所です。
『依頼者と共に戦う正義の司法書士』
をスローガンに違法なヤミ金から依頼者を守ります。
弱い立場のヤミ金被害者にとっては心強い味方です。安心してご相談ください。
受付:平日8:30〜22:30 メールは24時間受付中
ウォーリア法務事務所

 

相談は全国対応 (24時間受付中)
全国どこからでも電話・メール相談は無料です。
まずは、フリー電話でお気軽にご相談ください。


無料相談をする前に準備しておきたいこと
◆ 借りている闇金の件数と、それぞれの闇金業者名、電話番号
◆ それぞれ最初に借りた日付と金額
◆ 借入方法(配達、振込)
◆ 返済方法(集金、振込)
◆ 現在の借入残高
◆ 毎度、支払っている利息額と、その期間
◆ 取り立てを受けていれば、その手段と内容
あくまで分かる範囲でOKです。

 

 

北海道/青森県/秋田県/岩手県/宮城県/山形県/福島県/東京都/神奈川/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県/群馬県/山梨県/福井県/石川県/富山県/新潟県/長野県/愛知県/静岡県/岐阜県/三重県/大阪府/兵庫県/京都府/和歌山/奈良県/滋賀県/広島県/岡山県/山口県/鳥取県/島根県/香川県/愛媛県/高知/徳島県/福岡県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/佐賀県/鹿児島/沖縄県

 

 

公的機関の相談窓口

 

相談はもちろん無料ですが、電話代は必要となります。


各都道府県 警察本部の総合相談窓口


各都道府県の貸金業協会
貸金業を営む業者の団体で、貸金に関する相談・苦情の窓口です。


法テラス
借金、離婚、相続などの法的問題で悩んだとき、相談相手や解決方法の「道案内」してくれる機関です。


国民生活センター
全国各地の消費生活センター相談窓口が検索できます。


日本弁護士連合会
各都道府県にある弁護士会の連絡先です。相談案件に合わせた弁護士の紹介もしてくれます。


いずれも無料で相談できますが、基本的には専門家(弁護士、司法書士)を紹介するようです。
直接、介入できるのは警察くらいですが、『民事不介入』の原則により被害者が身体や家財を傷つけられるような刑事事件にならない限りは素早く動いてはくれません。その場合には弁護士、司法書士の力を借りることになります。

 

 

 

 

相談先機関のメリット・デメリット

 

《相談先》

《 内 容 》

《 メリット 》

《 デメリット 》

警  察

全国の市町村に配置されている国内最大の組織。 24時間緊急対応してくれます。相談及び解決は無料です。 傷害・脅迫・器物破損など事件性があるものにはスピーディーに対応してくれますが、それらの証拠が無い場合や事件性が無い場合には対応がにぶい。借金問題などの民事に関して警察は介入しないとの原則があるためです。
消費生活
センター
全国の市町村の役場が窓口になり、消費者の困り事や苦情の相談を受けています。 住居地の役場が相談窓口ですから比較的親身に相談に応じてくれます。 闇金問題は経験・知識がある相談員が少なく、基本的には弁護士や司法書士を紹介することになります。
法テラス 借金、離婚、相続などの法的問題で悩んだとき、解決に必要な情報やサービスの提供を行い解決できるように「道案内」してくれる機関です。 国の機関ということで相談費用は不要です。経済的に余裕のない方が法的トラブルにあったときに、無料法律相談や必要に応じて弁護士・司法書士費用などの立替えもしてくれます。 法テラスは相談機関であって問題解決部隊ではありません。よって解決に当たっては弁護士・司法書士を紹介してもらうことになりますので、二度手間になり解決までの時間がかかることになります。

弁護士

司法書士

警察と近い存在の弁護士・司法書士は闇金業者にとって煙たい存在です。法律を無視して商売している彼らでもトラブルを起こして目を付けられるのは避けます。 何といっても解決までの時間が短くて済むことです。早ければ闇金被害者から依頼があった当日、90%以上の案件が数日以内で解決できます。家族や職場など秘密裏に解決できることも嬉しいことです。 解決を依頼すれば費用が発生すること。闇金業界に精通し、豊富な経験と解決実績があり、専門的に扱える弁護士・司法書士が少ないことです。ただ、できる弁護士・司法書士は全国の闇金問題に対応しています。

 

※ 各都道府県の貸金業協会と、本弁護士連合会は相談の受付をしますが、解決にあたっては弁護士・司法書士事務所を紹介することになります。

 

闇金利用者と犯罪の関係

 

ヤミ金被害

近頃、警察が社会問題となっている「振り込め詐欺」と「ドラッグ売買」の摘発に躍起になっていますが、これらの犯罪に不可欠なツールが携帯電話です。

 

その携帯電話をそのまま使うには、犯罪者にとっては身元がバレてしまいますので大問題です。
そこで、他人名義の携帯電話を手に入れる方法を考えたんです。

 

もちろん以前から数は少ないけれと、裏稼業では道具屋と呼ばれていたツールの専門の業者がいましたので、犯罪に使用してはいました。

 

近頃は、犯罪用語でトバシ携帯と呼ばれる方法で、かなり多くの携帯電話が流通するようになりました。

 

トバシ携帯とは携帯会社と契約した人物から売却されたものを取得することで、犯罪に使う者の身元究明ができないようにした携帯電話のことを指します。

 

他人名義の携帯電話を手に入れるのは以前と変わりありませんが、違いは取得する方法です。

 

他人名義の携帯を手に入れるために一番大事なことは、まず最初に携帯会社と契約する名義人の存在が必要になることです。

 

そこに登場してきたのが闇金利用者を利用した方法です。

 

 

ヤミ金被害

返済能力がない人に、融資をして返済の代りに新規で携帯契約をさせ、その携帯を取り上げるやり方で他人名義の携帯を手に入れます。

これなら、返済できない闇金利用者も一時的には返済しなくて良いので応じる人が多いと思われます。

 

そうして、闇金利用者が携帯会社と契約したものが他人(闇金→犯罪者)に譲渡され、オレオレ詐欺や不法ドラッグ・麻薬密売に使われることになります。

 

警察が携帯番号から所有者を突き止めても、犯罪とは直接関係ない闇金利用者がわかるだけです。

 

 

ヤミ金被害

このことで、闇金利用者はどんな不利益がかかってくるのでしょうか・・・

もし、あなた名義の携帯電話が犯罪に使用されたことが判明すると、自分が今現在使っている携帯電話が一切使えなくなり、携帯会社とは新規での契約できなくなります。

 

携帯が使えなくなると、日常生活が大変不便になります。対策としてはプリペイド携帯を使う方法もあるにはありますが・・・・

 

 

債務者本人が、海千山千のヤミ金業者を相手に、返済の停止や、職場、家族・親戚を巻き込んだ過酷な取り立てを、すぐに止めさせることはまず不可能でしょう。
それを、後腐れなく解決させることができるのが法律のプロ、それも闇金対策に豊富な経験と実績がある法務事務所(弁護士・司法書士)です。
初めてだから相談しずらいと思う方は、まずヤミ金専用の無料電話相談がおすすめです。

 

 

 

《サイトトップ》

 
 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ